• 採用情報
  • お問い合わせ
文字の大きさ
 
0836-83-4982
  • 採用情報

  • 社員インタビュー

  • INTERVIEW05
    松浦大吾Daigo Matsuura
    Profile
    2015年入社
    新商品開発部 新商品開発グループ
    Hobby
    バドミントン、読書
01
現在の仕事の内容について教えてください。

新商品開発に向け、弊社で培ってきたワイヤの伸線技術を応用した共同開発ができる企業のリサーチなどを行っています。今年で3年目の新しい部署ですが、これまでにマグネシウムを使ったスピーカーケーブルを製品化しています。「ワイヤ」や「金属」をキーワードに、協力できる企業を探し、綿密なリサーチをした上で上司に相談して、やっと企業へ提案をすることができます。企業との連絡に結び付いた時には大きな達成感があります。

02
入社を決めたきっかけや動機について教えてください。

大学院で学んでいた化学に関わるメーカーを調べる中で、求人が来ていた弊社に問い合わせをしたところ、「会社見学に来ませんか」と提案を受けました。それまで身の周りの金属製品の製造工程を気にしていませんでしたが、見学してソーワイヤを作る過程の面白みに惹かれました。形が変わっていく金属は魅力的ですし、加工には摩擦を減らす潤滑剤が使われており、化学も必要な仕事だと感じました。

03
今後、実現したいこと、挑戦したいことは?

企業とのやり取りが始まっている案件があるので、先方が求める強度や靭性に合わせた開発品を作り、製品化を実現したいです。弊社のコア技術は「伸線」と「熱処理」の技術ですが、ゆくゆくは新たな応用技術を取り入れ、新商品を生み出したいです。現在は企業間の取り引きをメインにしていますが、会社の認知度向上につながる一般向け商品にも挑戦できればと考えています。

04
あなたが思う「JFS」の魅力を聞かせてください。

私が主に行うリサーチの仕事は、膨大な情報の中から必要な情報を探し出す熱意が必要な仕事です。根気がいりますが、個人の力が発揮されるのでやりがいが感じられます。そこで得た情報をもって話をする時には、必然的に年上の先輩方に意見を言わなければなりませんが、発言しやすい雰囲気で若手の意見もきちんと聞いてもらえます。また、プライベートでも社員同士で交流することがあり、仲間意識が高いように感じています。

05
就職活動を行う学生にメッセージをお願いします。

はじめは何をやっていいかわからず戸惑うこともあるかもしれませんが、「何となく」で会社を選んでも気持ちが入りません。まずは自分と向き合い、強みを生かせる会社を調べること。そして、興味をもった会社には直接足を運び、説明会や会社見学で自分に合うかを確認することが大切です。就職に向かって頑張ってください。

ページの先頭へ