• 採用情報
  • お問い合わせ
文字の大きさ
 
0836-83-4982

2017年919

ジャパンファインスチール株式会社

 

 

 

JFSounds 「マグネシウム制振ラインケーブル」発売

 編組シールド・芯材にマグネシウム採用で制振効果アップ

 

 ジャパンファインスチール株式会社(所在地:山口県山陽小野田市、代表取締役社長:長尾 浩司)は、マグネシウムを導体芯材、編組シールド素線に使用したオーディオ用ラインケーブルを開発、音響ブランド「JFSounds」から、「STB27C」を928日(木)、ハイエンドモデル「STB27C-Plus」を1018日(水)よりインターネットサイトや店舗にて販売開始いたします。

 また、2017920日(水)~22日(金)にインテックス大阪で開催される「第4回関西高機能金属展」一般社団法人日本マグネシウム協会ブース内にてラインケーブル「STB27C」を展示いたします。

 

 今回製品化されたラインケーブルは、2016年から販売し好評を得ているスピーカーケーブル(MS227C)の新しい商品展開を求める声が多数よせられた事をきっかけに開発が行われました。開発されたケーブルはMS227Cの基本構造に、さらに新しい技術として、マグネシウム合金細線を使用した編組シールドを採用した構造となっています。

 

ラインケーブル 「STB27C

 

ラインケーブル 「STB27C-Plus

 

■ラインケーブル「STB27CSTB27C-Plus」の特徴

1)極細線を使用したマグネシウム合金編組シールドを採用

 JFSoundsはマグネシウム合金の長尺、細線化に成功しました。今までの編組シールドでは銅線等が使用されていましたが、今回、編組シールドの新しい素材としてマグネシウム合金を採用いたしました。

 

マグネシウム合金編組シールド

 

2)導体芯材にマグネシウムワイヤを使用

 導体にはJFSoundsスピーカーケーブル(MS227C)の構造を採用しました。

制振効果が高い純度99.95%のマグネシウムワイヤを導体芯材に配置することで、導体部分に伝わる振動を直接吸収することをコンセプトとしています。

 

3)二つのグレードで新たな提案

 マグネシウム素材を全面に使用したオリジナルモデル「STB27C」と、クリアな音質を目指すため、マグネシウム合金編組+銅箔による「ハイブリットシールド構造」と、内部に純マグネシウムコイルを設置した「オリジナルスタビライザ」による、制振性を追求したハイエンドモデル「STB27C-Plus」の2種類を準備いたしました。

 

 ■製品構造

 

ケーブル構造

 「JFSounds」は、ジャパンファインスチール株式会社の音響ブランドです。

 

■本件に関するお問い合わせ先

ジャパンファインスチール株式会社 JFSounds担当 水野 陽一

受付時間:8301700

TEL:0836-39-5509  FAX0836-83-0186  E-mailjfsounds@jpfs.co.jp

ページの先頭へ