• 採用情報
  • お問い合わせ
文字の大きさ
 
0836-83-4982

新素材「Al-SiC複合材料」とは

アルミニウム合金中に超微細SiCセラミックス粒を分散させた金属基複合材料(=MMC)の一種です。

当材料は軽量でありながら機械的性質に優れ、様々な特長を併せ持つ新素材です。

新素材「Al-SiC複合材料」

断面組織観察像


Al-SiC複合材料 棒・ワイヤ製品

金属基複合材料MMCは、一般的に強度が高い代わりに伸びが小さく、塑性加工は大変難しい材料です。

弊社ではAl-SiC複合材料を直径1mm程度まで細く延ばす伸線技術を開発しました。

棒・ワイヤ形状でご提供可能です。

棒・ワイヤ製品 仕様・加工実績
材種 620XF 217XG 225XF
母合金 A6061 A2124 A2124
SiC充填率

20vol%

(平均粒径0.7μm)

17vol%

(平均粒径0.3μm)

25vol%

(平均粒径0.7μm)

線径・直径

1.0~6.0mmφ

10mmφ

20mmφ

5.0~6.0mmφ

10mmφ

20mmφ

5.5~6.0mm
長さ ~100m ~2m ~2m
引張強度

400~500MPa

※形状・熱処理状態による

400~670MPa

※形状・熱処理状態による

400~745MPa

※形状・熱処理状態による

ヤング率

103GPa

100GPa

115GPa

※線径・直径や長さについては上記範囲外対応可


Al-SiC複合材料ワイヤ

線材の外観写真


ワイヤの特長・期待用途
特長

軽量性、比剛性、比強度、耐疲労性

耐摩耗性、摺動性 耐熱強度、低熱膨張、高熱伝導性 振動減衰性、アルミ同等の耐食性

加工例

鍛造・圧造

切削

放電加工

曲げ加工

アルマイト加工(カラーアルマイトは困難)

期待用途

摺動部品

剛性部品

高温材料

期待分野

レーシング車両

航空・宇宙

スポーツ用品

精密機器・製造装置



ページの先頭へ