• 採用情報
  • お問い合わせ
文字の大きさ
 
0836-83-4982

ドロップワイヤの用途

ドロップ光ファイバーとドロップワイヤとは?

ドロップ光ファイバーとは、光ファイバー本線から各家庭に落とす光ファイバー枝線を言います。
ドロップワイヤはその補強用スチールワイヤで、ドロップ光ファイバーの両サイドの樹脂中に埋め込まれます。




弊社のドロップワイヤの特長

・直線性が非常にすぐれている
・ワイヤ自転がない
・電気亜鉛めっきを施し、表面清浄性にすぐれ、樹脂との接着性が非常に良い


弊社のドロップワイヤの特長弊社のドロップワイヤの特長



ドロップワイヤ主要製品 規格例
品名 ドロップワイヤ 0.4mm ドロップワイヤ 1.2mm
線径公差 0.400±0.015mm 1.20±0.03mm
引張強さ 1,960N/㎟以上 1,400N/㎟以上
電気亜鉛めっき付着量 20g/㎟以上 50g/㎟以上
直線性 20mm/500mm 以下 50mm/1000mm以下
自転 2回/10m以下 2回/10m以下

マルチメディア時代を迎え、アクセス網の光ファイバー化が急速に進む中、各種光ファイバーの需要も急増しています。
当然、光ファイバーのテンションメンバ・支持線には鋼線が使用されておりますが、中でもドロップ光ファイバー用のテンションメンバ(通称 Drop Wire)は、その用途により、高い真直性・接着性が要求されています。
弊社は、独特な生産工程による安定した品質と、高い供給能力により、圧倒的なシェアを獲得しています。





ページの先頭へ