• 採用情報
  • お問い合わせ
文字の大きさ
0836-83-4982

パウダー・イン・チューブ線材 クラッドワイヤについて

金属管に粉末/丸棒の芯材を充填し伸線することで、複合線材を造ることができる工法です。粉末を用いる場合はパウダー・イン・チューブ線材(=PIT)、丸棒を用いる場合はクラッドワイヤ・棒と呼称しています。単芯線材を束ねて金属間に充填し、多芯化することも可能です。
この技術を用いて、JFSでは山口大学工学部と相互に協力しながら、MgB₂超伝導線材の製作を行った実績があります。その他、企業様や研究開発機関より試作受注実績があります。
芯材となる粉末/丸棒はお客様から御支給いただき、管材の材質はご相談を進めながら決定するケースが多いです。

パウダー・イン・チューブ線材加工

複合線材の製作工程

MgB₂単芯線φ1.2mm MgB₂多芯線φ1.2mm
MgB₂単芯線φ1.2mmのX線CT画像 MgB₂多芯線φ1.2mmのX線CT画像
加工実績・対応例

お客様のご要望に応じて、試作開発を承ります。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ご相談ください。

被覆管材 材質 Cu合金、Al合金、ステンレス鋼、その他
コア芯材 材質 金属棒材  (例:Mg、低融点金属)
粉体    (金属、セラミックス、樹脂)
仕上線径

φ0.04~3.5mm

※試作加工品の実績値

※材質により到達可能な細さは異なります

長さ

1,000m 以上

※φ0.09mm試作加工品の実績値
※細くなるほど長くなります
※材質により到達可能な長さは異なります

芯部分 断面積率

~70%以下

※材質・線径により対応範囲は異なります

※上記範囲外においても、お客様のご依頼ご要望に対応いたします。

ページの先頭へ