• 採用情報
  • お問い合わせ
文字の大きさ
0836-83-4982

「DRFマグネシウム合金」とは

DRFマグネシウム合金は、川本重工株式会社・豊橋技術科学大学により新開発された組織制御技術「DRF(Deformation Restricted Forging)法」により、マグネシウム合金AZ80に飛躍的な高強度化を施した高強度素材です。
希土類添加型マグネシウム合金よりも製品価格面で優れております。
一般的なマグネシウム合金と同様に切削加工も容易であることから、切削加工品においても鍛造加工品以上の高強度化を図ることができます。
また、微細かつ均一な結晶組織を持つことから表面処理性や耐食性に優れ、低い加熱温度での鍛造加工や曲げ加工なども期待できます。

DRFマグネシウム合金棒
φ46×500mm
切削加工例 表面処理例
(化成処理・陽極酸化)
期待するターゲット・用途

 

 

他マグネシウム材料との比較

比較基準

一般的なMg合金
AZ31

希土類添加型Mg合金
(JIS規格参考)

DRF マグネシウム合金棒
DRF-AZ80

材料価格の安さ
(星マークが多いほど安価で入手しやすい)
★★★
流通量が多く安価

高価で入手しにくい
★★
汎用合金ベースで安価
強度 ★★★ ★★★★ ★★★★★
切削加工性 ★★★ ★★★ ★★★
表面処理性 ★★★
析出相の影響あり
★★★★
溶体化による析出相抑制
+結晶粒微細化
提供製品 仕様
品名 DRF マグネシウム合金棒
材質 AZ80
比重 1.81
形状 φ46mm×500mm (500mm以内であれば切断販売可)
機械的性質 引張強度390MPa前後、伸び6%前後 (実績値は下記グラフに記述)
DRFマグネシウム合金棒の機械的性質

DRFマグネシウム合金は、引張強度390MPa、降伏強度310MPaに達しています。一般的なMg合金や希土類添加型Mg合金と比較すると、大きく上昇しています。(下グラフ参照)

引張試験グラフ

DRFマグネシウム合金棒の金属組織

DRFマグネシウム合金の強化機構は主に3つあります。
 ① 双晶形成による結晶粒微細化
 ② 転位密度増加による加工硬化
 ③ 押出母材の集合組織による集合組織強化


中央部と表面付近の組織に大きな差異はなく、均一な組織を形成しています。(下画像参照)

EBSD観察像
EBSD観察像 (左)中央部 (右)表面付近

DRFマグネシウム合金棒の表面処理性と耐食性

DRFマグネシウム合金は結晶粒が微細かつ均一であるため、一般的なマグネシウム合金と比較して、表面処理性や耐食性が良好です。
潮風・雨風にさらされる過酷な環境下での3年間の暴露試験では、黒く均一な不導体被膜を形成し、長期間留置しても腐食は進展しませんでした。

表面処理
DRFマグネシウム合金棒の表面処理サンプル
(φ40×H10mmの化成処理および陽極酸化)

暴露試験
DRFマグネシウム合金棒の暴露試験の様子
(宮古島暴露試験場にて3年間留置。黒色被膜を形成するが、腐食は進展せず。)

DRFマグネシウム合金棒の塑性加工

DRFマグネシウム合金は結晶粒が微細かつ均一であるため、塑性変形時の粒界割れが起こりにくく、亀裂が進展しにくいと予想されます。
温間押し曲げ加工テストでは、200℃程度の低めの加熱温度でも、問題なく変形させることができました。

押し曲げ
DRFマグネシウム合金棒の温間押し曲げ加工例
(200℃)

 

お問合せ・ご購入

法人・個人問わず、1個から販売可能です。切り売りも可能です。
資料請求や価格見積などをご希望の場合は、「お問い合せ」よりお気軽にご連絡ください。
切削加工や表面処理も併せてご希望の場合にも対応いたしますので、ご相談ください。

■プレスリリース資料のダウンロードはこちら
【DRFマグネシウム合金棒 プレスリリース資料】

ページの先頭へ